呪術廻戦260話最強の亡霊は五条悟復活で確定?乙骨や五条父の可能性についても考察!

呪術廻戦260話最強の亡霊は五条悟復活で確定?乙骨や五条父の可能性についても考察!

【記事にはプロモーションが含まれてます】

この記事では「呪術廻戦260話最強の亡霊は五条悟復活で確定?乙骨や五条父の可能性についても考察!」と題してお送りします。

宿儺の最終奥義「竈(カミノ)」「(開)フーガ」によってまた一人大人気キャラの脹相が亡くなりました。

主要キャラが減っていく中、260話の最後では五条悟と思わしき人物が登場しましたね。

「手ずから葬った最強の亡霊」とは一体誰なのか気になりますよね。

少なくとも宿儺の目には五条悟に見えている白髪で六眼を持った人物は本当に五条悟なのでしょうか。

読者
読者

本当に五条悟だったら激アツだよね。

ネットでは乙骨や五条の父親ではないかという声も上がっています。

果たして実際のところはどうなのでしょうか。

この記事では「最強の亡霊」の正体について考察していこうと思います。

呪術廻戦260話最強の亡霊は五条悟復活で確定?

ここからは呪術廻戦260話の最後に出てきた「最強の亡霊」の正体について考察していきます。

結論、最強の亡霊の正体は五条悟ではないと考察しています。

そこで、あくまで考察ですが五条悟ではない理由をご紹介していきます。

最強の亡霊が五条悟の可能性

最強の亡霊の正体は五条悟ではないと考察しています。

ネットでは五条悟の復活説が大量にありますが、彼が復活するのは難しいのではないでしょうか。

というのも、五条悟は反転術式が使えます。

そして伏黒甚爾との戦いでも判明していますが、頭を潰さない限り反転術式で復活できるはず。

それなのに、胴体を真っ二つにされた五条悟は復活をしていません。

つまり、何らかの原因で復活は無理だったのではないでしょうか。

おそらく五条悟は、よく釈迦にに例えられて「南」を選んでいることから過去一楽しかった時代に戻りたいう思いがあった。

つまり、現世には思い残すことはないので復活する気もなかったのだと考察しています。

それだけ、空白の1ヶ月で虎杖に全てを託しているのかもしれませんね。

よって、最強の亡霊の正体は五条悟ではないと思われます。

最強の亡霊は五条悟の上半身だけ?

最強の亡霊は五条悟の上半身だけという説も上がっています。

これは宿儺を倒すためには「隙」を作る必要があるから。

隙を作り、動揺させるためにも五条悟の上半身を持ってきたという考察。

しかし、「竈(カミノ)」「(開)フーガ」によって周り一体が全て焼き尽くされた現場に誰が上半身を運ぶリスクを犯すのでしょうか。

いるとすれば、瞬間移動ができる憂憂です。

しかし、憂憂はマーキングしている場所に瞬間移動ができるという術式。

土埃で視界の悪い中、宿儺がどこにいるのかも分からないのにマーキングをしていたとは考えにくいです。

よって、最強の亡霊の正体が五条悟の上半身の可能性は低そうですね。

本当に五条悟だったら一瞬で終わってしまう

もし本当に「最強の亡霊」が五条悟だったら一瞬でかたがついてしまいます。

というのも、一回目で戦っている宿儺と比べて現在の宿儺は弱体化している。

一見すると宿儺は領域展開を使っているので、完全復活したかに見えます。

しかし、伏魔御廚子は明らかに完全ではありませんでした。

これは虎杖の黒閃を連発で喰らっているからだと考えられます。

そんな時に復活した五条悟が登場したらどうでしょう。

読者
読者

一瞬で宿儺を倒してしまいますよね。

ようやく藤堂葵と虎杖悠仁ブラザーズが復活したのに、最後は五条が持っていく。

そんな終わり方だと読者は納得しないのではないでしょうか。

というわけで、ストーリー的にも「最強の亡霊」は五条悟ではないと考察しています。

最強の亡霊の正体は誰かの領域展開

最強の亡霊が現れる前に「領域展開」と誰かが口にしています。

宿儺が発言したとも取れますが、宿儺は「竈(カミノ)」「(開)フーガ」を使用したばかりなので除外。

読者
読者

アニメだったら声で分かるのに。

ここで考えられるのは誰かの領域展開で宿儺が幻を見ているというもの。

それこそ宿儺を動揺させ、隙を作るために。

実際宿儺は五条悟が復活したと思ってびっくりしていましたからね。

もし五条悟が復活したら、今の弱体化した宿儺では勝てないでしょう。

よって、宿儺に隙を作るために誰かが領域展開をして幻を見せていると考察しました!

呪術廻戦260話最強の亡霊の正体は乙骨?

呪術廻戦260話の終わり際に登場した最強の亡霊は乙骨説も考えられます。

乙骨は胴体を宿儺に切られてから速攻でリカちゃんが運び出し、憂憂が保護しています。

なので、死にかけたとはいえ家入硝子の反転術式で完治していると予想できます。

乙骨は六眼を引き継ぐ

宿儺はおそらく白い髪と妖艶に光青い瞳の六眼で五条悟と思い込んでいます。

しかし、白い髪は思い込みで、実は六眼を引き継いだ乙骨の可能性が高いでしょう。

六眼は二人同時に存在することができません。

時代によって一人しか存在しない唯一無二なのが六眼ですよね。

しかし、天元が同化する可能性が出た場合には六眼が死んだ場合に限って新たな六眼が現れる。

つまり、五条悟が死亡したことで乙骨の目に顕現した可能性は考えられます。

それに、五条の先祖である菅原道真と乙骨は遠い親戚でもあります。

なので、何らかの因果で乙骨が六眼を引き継いだと考えるのが自然な気がします。

よって、最強の亡霊は乙骨の可能性が高いですね。

六眼をコピーした乙骨の可能性

乙骨が六眼を開眼したのではなく、コピーしたとも考えられます。

乙骨の術式は模倣(コピー)でしたね。

乙骨はリカと接続している間5分間だけコピーを使うことができます。

それにはリカが相手の一部を取り込む必要があるとされていますが、確定ではありません。

つまり、五条悟の一部を食ったかもしれないということ。

最凶の王である宿儺を倒すためなら仕方ないのかもしれませんね・・・

とにかく、最強の亡霊の正体は六眼をコピーしていた乙骨の可能性もあります。

髪が白く見えていたのは、宿儺が六眼を見て白髪だと思い込んでいるだけかもしれません。

読者
読者

宿儺も虎杖の黒閃連発でダメージは相当受けているはずだしね。

もしそうなると、六眼の術式が使えるのは5分間。

5分間でどれだけ宿儺にダメージを与えられるのか。

最高に面白い展開になりそうな予感しかありませんね。

呪術廻戦260話最強の亡霊の正体は五条父?

呪術廻戦260話最強の亡霊の正体は五条の父親説も上がっています。

五条悟の父親は存在していることこそ判明しているものの、登場したことはありません。

親子なので、父親も白髪の可能性は十分にありえます。

しかし、父親が六眼を開眼しているのは考えにくいでしょう。

というのも五条家の当主は五条悟です。

ということは、五条父には能力がなかったということになりますよね。

五条悟より弱いというだけで、特級クラスの強さを持っているとも考えられますが。

にしても、六眼を引き継ぐなら五条悟の次に強いとされる乙骨が妥当でしょう。

よって、最強の亡霊の正体が五条悟の父親説という可能性は低そうです。

呪術廻戦260話【手ずから葬った最強の亡霊】の意味とは?

そもそも「手ずから葬った」とはどういう意味なのでしょうか。

そこで、今回の「手ずから葬った」の意味を調べてみました。

「手ずから」とは自ら手を下してという意味。

つまり、宿儺自ら手を下してほふったという意味ですね。

読者
読者

今度「手ずからって」学校で言ってみよ。

ついでに、煽り文章でもあった「紛(まご)うことなく」の意味も調べました。

紛うことなくの意味は。

  • 疑いようもない
  • 明らかな

つまり、その瞳は明らかに「六眼」だったということになります。

呪術廻戦260話最強の亡霊は五条悟復活で確定?乙骨や五条父の可能性についても考察!まとめ

この記事では「呪術廻戦260話最強の亡霊は五条悟復活で確定?乙骨や五条父の可能性についても考察!」と題してお送りしました。

  • 呪術廻戦260話最強の亡霊の正体は乙骨だと考察
  • あるいは何者かの領域展開で宿儺が幻覚を見ている
  • 五条悟の復活の可能性は低い
  • 呪術廻戦260話最強の亡霊が五条父の可能性もなさそう

呪術廻戦260話最強の亡霊の正体は六眼を開眼した乙骨ではないかと考察しました。

乙骨は宿儺の斬撃を受け、死の淵を彷徨って結果「六眼」を開眼したのかもしれませんね。

あるいは、六眼をコピーした可能性もあります。

しかし、片目だけ六眼が描かれていたってのも引っかかりますよね。

どちらにせよ、五条悟の復活の可能性は限りなく低いと考察。

読者
読者

個人的には五条悟には復活してもらいたいけどね

実際のところはどうなのでしょうか。

結果は呪術廻戦の最新話で判明するはずなので、楽しみに待ちましょう。

以上「呪術廻戦260話最強の亡霊は五条悟復活で確定?乙骨や五条父の可能性についても考察!」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です