RFタグが漫画についている意味はなぜ?捨て方や仕組みを紹介!

RFタグが漫画についている意味はなぜ?捨て方や仕組みを紹介!

【記事にはプロモーションが含まれてます】

この記事では「RFタグが漫画についている意味はなぜ?捨て方や仕組みを紹介!」と題してお送りします。

漫画を買った時に謎の紙が入っていて、「これは何なの?」と気になった方も多いと思います。

また、捨てるには燃えるゴミなのか燃えないゴミなのかもよく分からないですよね。

読者
読者

適当に捨てて万が一個人情報が漏れるのは嫌だしなぁ。

謎の紙の正体はRFタグといって、実は商品管理にめちゃくちゃ貢献しているICチップのような物なのです。

そうは言っても漫画に付いている意味が気になるところ。

そこでこの記事では。

  • RFタグが漫画に挟まってる意味
  • RFタグの捨て方
  • RFタグの仕組み

以上の内容を詳しくご紹介します。

RFタグが漫画についている意味はなぜ?

RFタグが本に挟まっている理由は、本を管理する為なのです。

具体的に何を管理しているのかというと。

  • 書籍の在庫
  • 重版が必要なのか
  • どの本がどの書店にあるのかが分かる
  • 万引き防止

RFタグには小さいアンテナとICチップで作られています。

原料はアルミホイルと同じ鉄です。

これまで出版社が書店に出荷した書籍の3割が返品され2000億の損失があったようです。

しかし、RFタグのおかげで出版社がこれまでにできなかったきめ細かい商品管理が可能に!

そのおかげで損失を減らせるというわけ。

読者
読者

重版がこれまでより早くなることで、漫画の売り切れも無くなるかも?

購入者にメリットはあるの?

読者
読者

RFタグで商品管理ができるのは分かったけど、購入者にメリットはないの?

購入者にとってのメリットは出版側の損失が減ることで、より多くの人に書籍が渡ることが期待されています。

人気の漫画だと売り切れが続出して、転売ヤーから高額で買うハメになることもありますよね。

これはあらかじめ出版社があまり書籍を作っていないのにも原因があります。

それがRFタグのおかげで無くなるかもしれませんね。

もう一つの購入者側のメリットはユニクロのように会計が早くなること。

ユニクロではすでにRFタグが主流になっていて、レジも無人のところが多いですよね。

RFタグはいっぺんに機械で読み取れるため、レジもスムーズになります。

レジでの会計がもたつくとイライラしますからね。

これも購入者にとってのメリットだと言えるでしょう。

RFタグとバーコードの違い

RFタグとバーコードの違いは。

  • 汚れに強い
  • 一度に多くのタグを読み取れる
  • 商品情報を最新に更新できる
  • 半永久的に使える

購入者にとってのメリットといえば、先ほども書きましたが一度にタグを読み取れること。

一度にタグを読み取れることで、ユニクロのようにレジがスムーズになります。

読者
読者

バーコードだと一個一個ピッってしないとダメだからね。

また、RFタグは店側で最新情報を更新することができます。

なので、割引などの会計漏れも無くなることが期待できます。

人件費も抑えられるので、商品自体の値段も全体的に落ちてくるのかもしれませんね。

RFタグの捨て方はどうすればいい?

RFタグにはこう書かれています。

「家庭系一般廃棄物の扱いになります、捨て方は自治体に従って下さい。」

つまり捨て方は自治体によって違く可能性があるから個人で聞いてくだいってことですよね。

調べたところ、可燃ごみでほとんどの自治体はOKでした。

原料が鉄なのに燃えるゴミでいいんですね。

ちなみに、似たようなICチップなども可燃ゴミで捨ててOKだそうですよ。

個人情報は盗まれない?

読者
読者

RFタグを捨てて個人情報は盗まれない?

大丈夫です!

RFタグを捨てると「誰が何を買って、どこで捨てたかまでバレるのでは?」と心配になっちゃいますよね。

安心して下さい。

RFタグには商品情報しか入っていないので、誰が何を買ったまでかは判断できません。

将来的にマーケティングのためそうなるかもしれませんが、現時点ではあくまで商品管理の機能しかありません。

それに読み取るにはRFID専用の機械が必要になってきます

その機械を持ち歩いてRFタグを見つけてはスキャンする人はいないでしょう。

なので、安心して燃えるゴミで捨てて下さい。

RFタグの仕組みやメリット

読者
読者

RFタグの意味や捨て方は分かったけど、どういう仕組みなの?

こう疑問に思っている方も中に入ると思います。

私も気になったので調べてみました。

といわけで、RFタグの仕組みやメリットを噛み砕いて紹介していきます。

RFタグの仕組み

RFタグとは無線で識別するを英語にした頭文字で表されています。

その名の通り、リーダライターという読み取りの機械でRFタグを読み取りパソコンで処理をする。

こういった流れになります。

そのため、RFタグにはアンテナとICチップが組み込まれているんですね。

アンテナはアルミホイルと同じと思ってもらってもOK!

ICチップは大体RFタグの真ん中に付いています。

強力な磁石を近づけると壊れてしまうので注意が必要です。

また、RFタグは通信によってスキャンできるのでリーダライターをかざすだけで瞬時に読み取りができます。

そうすることで、在庫管理などの時間が短縮されるといったメリットもあるのです。

RFタグは講談社の漫画だけ?

RFタグは講談社の漫画に付いているレア物と思っている方も多いようです。

実は講談社だけではありません。

RFタグは「講談社・集英社・小学館」と丸紅グループがタッグを組んで設立された株式会社PubteXが始めたサービスです。

読者
読者

丸紅といえば堺さんがCMに出ていたのが話題になってたね

出版社同士はライバル関係にあるはずなのに、それでも協力し合うということは相当問題は深刻だったのでしょうね。

あまり知られていませんが、2023年8月から「講談社・集英社・小学館」の書籍にRFタグが挟まれ出しました。

今はまだ試験段階で、それほど流通はしていません。

しかし、2025年から本格的に始動するようです。

ではRFタグが本格的に始動して何が変わるのでしょうか。

RFタグで何が変わる?

RFタグが本格的に始動することで変わる未来は以下の通り。

  • 人件費の削減
  • 書籍の無駄がなくなる
  • 万引きの防止

まずは在庫管理が楽になることで本屋さんの人件費が削減されますよね。

RFタグだとスキャンが一瞬だし、どの本がどこにあるのかは全てパソコンで管理できますから。

また、出版社側はどの本がどれくらい売れているのかも把握できます。

そうなると、今まで返送されていた書籍の数もグッと減ることに

今までの返送などにかかっていた損失2000億がだいぶ減ることが予想されます。

最後は、万引きの防止。

万引きだけでも被害額は相当なものだと思います。

人気の単行本は高く売れますからね。

それがRFタグで管理されることで格段に減ることになるでしょう。

将来的には選挙の表やお札にもRFタグは使われそうですよね。

偽札がこの世からなくなる救世主なのかもしれません。

こうして損害が減った分、より多くの人に書籍が行き渡るといいですね。

RFタグが漫画についている意味はなぜ?捨て方や仕組みを紹介!まとめ

以上「RFタグが漫画についている意味はなぜ?捨て方や仕組みを紹介!」でした。

まとめると。

  • RFタグが漫画に付いている意味は管理するため
  • RFタグの捨て方は燃えるゴミで捨てる
  • RFタグを捨てても個人情報が漏れる心配はない

以上がRFタグの詳細です。

漫画に挟まっていた謎の紙の正体は商品管理をするためのタグだったんですね。

すでにユニクロで主流になっているタグと同じものというのも分かりました。

今のところ漫画をメインにRFタグの設置が始まっています。

これは漫画が一番書籍で売れているからだそうです。

2025年から本格的に始動することで、他の書籍にもRFタグは入ってきます。

捨てる際は燃えるゴミで捨てられるので、安心して捨てて下さいね。

以上「RFタグが漫画についている意味はなぜ?捨て方や仕組みを紹介!」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です