【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察!光とよしきの結末はどうなる?

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察!光とよしきの結末はどうなる?

【記事にはプロモーションが含まれてます】

この記事では「【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察!光とよしきの結末はどうなる?」と題してお送りします。

夏アニメ化が決定して話題となっている漫画「光が死んだ夏」。

作者モクモクれん先生の独特な世界観でめちゃくちゃ引き込まれる作品ですよね。

読者
読者

青春・夏・田舎・ミステリーが揃っているストーリーは大体面白いよね。

そんな『光が死んだ夏』で気になるのは光とよしきの結末です。

とにかく共存依存し合ういびつな関係性の光とよしき。

この記事では、そんな二人の結末と『光が死んだ夏』の最終回を考察していこうと思います。

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察!

『光が死んだ夏』はヤングエースで現在も連載中で完結していません。

しかし、光の正体なども判明しクライマックスへと近づいていると思われます。

そこで、現時点での最終回結末の展開を予想していこうと思います。

※この記事では最新話までのネタバレが含まれますのでご注意ください。

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察|光の正体

光の正体はノウヌキ様ではありませんでした。

最新話で光の正体がノウヌキ様でははないという事が田中によって明かされます。

では光の正体は何だったのか。

光はあの世からきた「異常な存在」であり、神に成り代わった存在だったのです。

光がノウヌキ様と扱われた原因は、忌堂家の祖先が妻を生き返られせてくれという願いを叶えてしまったから。

田中の会社ではその存在を「落とし子」と読んでいます。

落とし子は人の願いを叶えるモノのようです。

光はその「落とし子」だったというわけ。

つまり、ノウヌキ様というのは存在しません。

落とし子は光る以外にも存在していました。

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察|光と同じ存在だったラファネッリ

光と同じ落とし子だったのは「ラファネッリ」の可能性が高いです。

ラファネッリは自らの画集で「地獄のスケッチ」という絵を描いています。

その絵は光の内側から出てくる化け物と同じものが描かれていました。

なので、ラファネッリ自身が落とし子なのか、あるいは身近に落とし子がいたのか。

どちらにせよ、事例があるので光を救うヒントはラファネッリにあるのかもしれませんね。

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察|光とよしきの結末はどうなる?

光とよしきの結末は死別するバッドエンドだと考察しています。

というのも、タイトルでは「光が死んだ夏」とありますよね。

本物の光が死んだのは冬です。

それが分かるのは、偽物の光が山から半年後に帰ってきたのが夏だから。

1話の駄菓子屋の前でアイスを食べているのがおそらく8月。

読者
読者

連載が始まったのも8月だしね。

その半年前とすると2月の冬ですよね。

しかし、タイトルでは「光が死んだ夏」となっています。

これは、偽物の光が死んだのが夏だからだと考察。

なので、最終回結末では光とよしきは死別する可能性が高いですよね。

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察|実は光は生きていた

実は光が生きていて、最終回では中身の化け物だけ出ていってハッピーエンド。

そういった最終回の展開もハッピーエンドでいいですよね。

しかし、光はこれまで首を切られたり包丁で刺されたりもしています。

読者
読者

化け物の能力で治癒はしているけどね

なので、光の体はただの器と考えるのが自然です。

また、偽の光も「本人は死んでいる」と断言していることから光が実は生きていたというオチはなさそう

なので、どう考えてもバッドエンドで終わると考察しています。

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察|本物の光が山にいった理由

本物の光の死因は崖から転落して死亡していることが明らかになっています。

ただ、本物の光が山に行った理由は明かされていませんよね。

光が山に行った理由は忌堂家の儀式と関係していると考えられます。

例えば、忌堂家では好きな人がノウヌキ様にさらわれると言い伝えがありましたよね。

光にとっての好きな人はよしき。

さらわれないようにするためには結婚をする必要があります。

しかし、光とよしきは現在の法律では結婚できません。

なので、よしきがさらわれない別の方法を見つけた光が山に向かったと考えるのが自然ではないでしょうか。

あるいは、忌堂家の役割は代々から「堂」を管理する事が業とされています。

なので、光はおとやんの代わりに忌堂家の代表として堂の管理に向かったとも考えられますよね。

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察|死んだ光の体に憑依した理由①

死んだ光に「落とし子」が憑依したのは光が願い事をしたからでしょう。

光は死ぬ前に「よしきを一人にしたくない」と願うというか思っていましたよね。

それを落とし子が汲んだことで、光の体に憑依したと考えられます。

憑依してからは、光本人のよしきへの強い想いから偽の光もよしきに執着するようになったのではないでしょうか。

自分の力の半分をよしきに渡すくらいですからね。

それだけ本物の光はよしきの事が好きだったという事なのでしょう。

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察|死んだ光の体に憑依した理由②

落とし子が光の体に憑依した理由はよしきが光の死を受け入れられなかったのも原因だと考察しています。

というのも、通りがかりの主婦「暮林さん」の夫も一度ナニかに取り憑かれていた事が分かっています。

その原因は暮林さんが夫の死を受け入れられなかったからでした。

これはよしきにも同じ事が言えますよね。

よしきは光の死体を山で見ています。

なので、最初から死んでいることを知っていたんですよね。

しかし、その事実を受け入れられなかった。

これも光に落とし子が憑依した理由だと考察しました。

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察|穴はどうやって閉じる?

クビタチの山で首が消える原因は「穴」が原因だと田中は言っていました。

その穴はあの世と繋がっていて、あの世からケガレをよこしてくる役割もしています。

その穴を塞ぐのに光を利用しようとしていますよね。

一体どうやってあの世とつながる穴を閉じるのでしょうか。

考えられるのは、光を穴に放り込んで穴をふさごうとしているのではないでしょうか。

つまり、光をあの世に戻したら穴が塞がると田中は考えているのかもしれません。

そして最終的に光はいなくなるけど、穴は塞がりケガレも一切いなくなり、村は平和になるという展開。

光とよしきにとってはバッドエンドですが、村としてはハッピーエンドですよね。

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察|田中の会社の実態

田中の会社についても最終回で明らかになってくると思われます。

そもそもケガレを専門とする会社とか特殊すぎますよね。

田中は会社と言っていますが、それは表向きで。

実態は霊媒師か何かの類の組織なのかもしれませんよね。

また、田中の会社は光のような異質な存在を利用するような組織。

一体どんな会社なのかも最終回のみどころになってきます。

【光が死んだ夏】最新話はどこで読める?

『光が死んだ夏』の最新話はヤングエースUPで配信中。

連載は毎週されていますが、たまに休載されています。

ヤングエースUPでは最新話まで無料で読めますが、ところどころ読めない部分があるんです。

読めない部分に限って物語の重要なシーンがあったりするのでおすすめは単行本を買って読むこと。

『光が死んだ夏』は単行本4巻まで発売されています。

最新話でも27話までなのでサッと読めていいですよね。

気になる方は是非手に取って読んでみてください。

【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察!光とよしきの結末はどうなる?まとめ

この記事では「【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察!光とよしきの結末はどうなる?」と題してお送りしました。

気になる光とよしきの結末ですが、死別するというバッドエンドを考察しています。

今の時点で本物の光はすでに死亡しているからハッピーエンドにはならないですよね。

今は二人が共存依存しているゆがんだ関係性です。

実際の最終回がどうなるのか、本編も引き続き楽しんで読んでいきたいですね。

以上「【光が死んだ夏】最終回ネタバレの考察!光とよしきの結末はどうなる?」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です