黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ全話!リーシャナは魔女なのか最終回結末の展開を考察!

黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ全話!リーシャナは魔女なのか最終回結末の展開を考察!

【記事にはプロモーションが含まれてます】

ここからは「黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ全話!リーシャナは魔女なのか最終回結末の展開を考察!」と題してお送りします。

コミックシーモアで読む事ができる女性漫画『黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛する』。

一見すると少年コミックですが、内容はきゅんとさせられる少女漫画です。

そこでこの記事では、「課金する前に内容を知っておきたい」という方に向けてネタバレを全話紹介しています。

ネタバレを読んで面白かったらぜひ、本誌を手に取って漫画を読んでください。

黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ全話!

ここからは『黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ全話!』をご紹介します。

実際は漫画を手に取って読んだ方が100倍面白いです。

なので、ネタバレで内容を知ったうえで本誌を読むことをオススメします。

黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ1話

ヒロインであるリーシャナは第一王女でありながら、塔のてっぺんに閉じ込められています。

その理由は100年前に死んだ魔女と同じ水色の髪と目をしているから。

この舞台でもあるドロナード王国は魔女の呪いによって瘴気(しょうき)が発生しています。

この瘴気に触れると動物は凶暴化し、人は体調不良になるという。

それを唯一浄化できるのが「聖女」の力でした。

リーシャナは魔女と容姿が似ていますが聖女の力を使う事ができます。

しかし、それをあたかも自分の力かのように妹のミリーナが使って民からの支持を得ているのでした。

ある日、怪我をしていたところを救ったカラスと境遇が似ているということで仲良くなったリーシャナ。

彼女は唯一心の救いであるアロンとの思い出を話します。

アロンは幼い頃、大きくなったら結婚してここから連れ出してくれると約束をしていました。

すると、久しぶりにやってきたアロン。

彼は二人で世界を巡ろうとリーシャナを連れ出します。

しかし、外に出ると待っていたのはミリーナ。

騙されたリーシャナはミリーナに聖女の力を奪われて火炙りの刑に処されることになります。

死を覚悟したリーシャナは最期に外の世界が見たいと塔から飛び降りるのでした・・・。

黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ2話

間一髪でリーシャナを救ったのはディアロ帝国の皇帝「ディセル」でした。

彼は「第一王女リーシャナを貰う、逆らうなら我が国と敵対すると思え」と脅しをかけ飛び去ります。

リーシャナが目を覚ますとそこは屋敷。

メイドのサラは彼女におめかしをして、食事の席につかせます。

そこに座っていたのはディセルでした。

後から宮廷魔術師のクローア・テンペルも登場し、リーシャナをさらった経緯を説明します。

そこで明かされたのはディセルは魔女の呪いでカラス化してしまうこと。

今は強い精神力でカラス化を止めているが、このままだとカラスになって死ぬと言います。

ディセルの正体はリーシャナが救ったカラスだったんですね。

そして、ディセルの呪いを解くためにシーシャナの聖女の力を取り戻すことになるのでした。

黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ3話

しかし、聖女の力を取り戻すと国のためにその力を使わないとダメなので国に戻すことになる。

そうならないためにも二人は契約結婚することになったのです。

ディセルは魔女の呪いによって苦しめられているにも関わらず、リーシャナの容姿を美しいと賞賛します。

その後、寝室で呪いをかけたれている右目を眼帯を外して見せるディセル。

リーシャナは痣があってもディセル様はディセル様と、そっと顔に触れるのでした。

翌朝、痣が薄くなっていることに気づくディセル。

一方、聖女の力を奪ったミリーナは聖女の力を使っていますが次第に弱まっていくのに気づく。

そして、ディアロ王国の密偵からリーシャナが結婚して大切にされていることを知り、何かを企むのでした。

黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ4話

リーシャナは披露宴のためにドレスを着ます。

それを見たディセルは見惚れてしまうのでした。

そして、民にリーシャナを妻として迎えることを報告すると歓声が巻き起こります。

誰一人リーシャナを魔女だと言う人はいませんでした。

その後のパーティーでディセルに気遣われたリーシャナは庭園で休むことに。

すると、ディセルの弟テラセルがやって来ます。

彼は話しやすくいい弟かに見えましたが、「よくあんな呪い持ちと結婚しましたね」と言う言葉に凍りつくリーシャナ。

どうやら二人の関係は良くないようです。

すると彼女を守るため飛んできたディセル。

二人が去っていくと、魔術師が現れ水晶に映し出されたミリーナをテラセルに見せます。

それを見て、「皇帝の座は頂く」と何かを企むテラセル。

黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ5話

ある夜のこと、ディセルはシーシャナを母との思い出も場所に連れ出します。

そこでディセルの過去が明かされるのでした。

ディセルの母は側室で、正妃の子はテラセルだと言います。

二人は腹違いの兄弟ということですね。

さらにディセルの母親は病気を患っていました。

ある日、テラセルにドロナード国に行けば病気が治る薬草が手に入ると言われたディセル。

ドロナード王国に入るのは掟で禁じられていましたが、母親のために行ってしまったディセル。

結果的に、薬草なんてのは嘘でテラセルの罠だったのです。

こうしてディセルは呪いをかけられることになりました。

一方ミリーナの聖女の力はだんだんと弱まっていきます。

ミリーナは力がリーシャナに戻っていると考え、ディアロ帝国への侵攻を急いでいました。

そんな時、テラセルの元にいた魔術師が突如現れます。

魔術師は聖女の力が弱まっていることを知っており、リーシャナを殺すと力を完全に奪えるとそそのかします。

そして、それが可能となる闇魔術が記載されている魔導書をミリーナに渡すのでした。

黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛する最終回結末の展開を考察!

『黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛する』は原作も完結していません。

なので最終回結末はどうなるのかは分かっていません。

でも最後はどうなるのか気になりますよね。

  • ディセルの呪いは解けるのか
  • リーシャナの容姿はなぜ魔女に似ているのか

なので、最終回結末ではどんな終わり方をするのかを考察していこうと思います。

黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛する最終回結末の考察|ディセルの呪いは解ける?

ディセルの呪いは最終的にリーシャナが聖女の力を取り戻して解くことになりそうですね。

そして、今は仮の花嫁ですが本当の花嫁になってハッピーエンドで終わるのではないでしょうか。

それを邪魔するミリーナとも最終的に仲良くなるという展開も予想されます。

黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛する最終回結末の考察|リーシャナは魔女の産まれ変わり?

リーシャナが魔女と容姿が似ているのも気になるところ。

これはリーシャナが魔女の産まれかわりと考えるのが自然ではないでしょうか。

魔女を殺したのはディセルの先祖。

その末裔が魔女の産まれ変わりと結ばれるってのも複雑な話しです。

しかし、ディセルの先祖と魔女が恋仲だった可能性も考えられます。

先祖と魔女は愛し合っていたけれど、それが原因で魔女はドロナード王国の人々から狙われる。

他の人に殺されるくらいならと先祖が魔女を殺す。

そしてドロナード王国に呪いをかけたと考察しています。

先祖が惹かれあっていたから、自然とその末裔であるディセルもリーシャナに惹かれたとも考えられますよね。

黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ全話!リーシャナは魔女なのか最終回結末の展開を考察!まとめ

この記事では「黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ全話!リーシャナは魔女なのか最終回結末の展開を考察!」と題してお送りしました。

最終回結末は。

  • ディセルの呪いはリーシャナが聖女の力で解く
  • リーシャナは魔女の産まれ変わり

以上の考察をしてみました。

今後は妹のミリーナが聖女の力を奪うためにリーシャナを殺そうとしてくるでしょう。

それには闇魔術を使う様子なので、ミリーナが闇魔術に取り込まれてバグりそうな展開も予想されます。

また、テラセルは皇帝の座を狙っているのでディセルに危害を加える可能性があります。

今後の展開も面白そうですね。

以上「黒翼の皇帝は塔の上の忌み聖女を溺愛するネタバレ全話!リーシャナは魔女なのか最終回結末の展開を考察!」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です